HOME > プロフィールのページ

ヒーラー&セラピスト 川本 浩司 プロフィール

1974年 山口県宇部市出身

東洋大学 法学部 経営法学科 卒業
東京写真学園 プロカメラマン養成本科 卒業
東北福祉大学 総合福祉学部 福祉心理学科(通信課程) 卒業


<取得資格・ライセンス>
・産業カウンセラー
・日本心理学会 認定心理士
・NGH(米国催眠士協会)認定ヒプノセラピスト
・ABH(米国催眠療法協会) 認定ヒプノセラピスト
・JHA 前世療法 プロフェッショナルコース修了
・JHA 年齢退行療法 プロフェッショナルコース修了
・ソマティックヒーリング 認定トレーニング修了
・ABNLP(全米NLP協会)認定トレーナー
・コアトランスフォーメーション トレーナー&セラピスト認定トレーニング修了
・LABプロファイル プラクティショナー


元々、気感の強い家系の影響からか、幼少期の頃より、対面した相手の過去や未来にまつわる映像が見えたり、予知などの特殊な感覚と向き合うことが多々あった。

また、金融業を営んでいた実家の影響で、幼少期の頃から様々な人間や、人間模様と直面する環境にて、育ってきた。


高校生の頃より、音楽活動を行っていて、大学卒業後、サラリーマンを経て、2000年よりレコード会社に所属して、作詞家として活動を行う。

また、2001年より、プロのフォトグラファーとしても活躍。


それらの環境や活動の影響もあり、人間観察や、相手の状況を読み取ったり、相手を癒すことは、子どもの頃から自然に行っていた。


2003年、交通事故で大怪我を負い、長期間のリハビリを余儀なくされ、当時従事していたフォトグラファーの職からも一旦退くこととなった。

結果的に、自らの職業も失うこととなり、しばらくの間、心身共に低迷した時期を過ごしたが、そこで心と身体のバランスの重要性を身をもって痛感し、それが今の礎となるヒーリングやセラピーの世界へと進んでいき、自らの生まれ持つ能力を開眼させるキッカケとなる。


その後、心理カウンセリング関連のスクールにて、社会心理学などを中心に、対人や行動に関わる心理学を学び始める。


2007年、日本産業カウンセラー協会の養成講座にて、心理カウンセリング・各種心理療法のトレーニングを受ける。
※産業カウンセラー資格取得


2007年から5年近くに渡り、数名の気功家より、数種類の気功施術を修業し始め、気功技術習得。


2009年、日本ホリスティックアカデミーにて、ヒプノインストラクター・村井啓一氏に師事し、催眠療法(ヒプノセラピー)の技術を習得。
※NGH<米国催眠士協会>ほか、認定ライセンス取得



2009年より、東北福祉大学 総合福祉学部 福祉心理学科にて、心理学全般を学び、2011年3月卒業。


2011年12月 東京・池袋(椎名町)にて、自らの主宰するヒーリングルーム Reborn(リボーン)を開設。


その他のジャンルのヒーリング等についても、これまで研究・習得・実践していて、それらのエッセンスも加えつつ、従来の気功療法を、誰もに合うように発展させた エナジーヒーリング(気功療法)を、現在行っている。


また、幼少期の頃からの得意能力でもある、対面した相手の過去や未来にまつわる映像の読み取りの能力と、現在の専門分野でもある心理カウンセリングの技術を生かし、過去未来映像リーディングを、2012年12月より、正式なサービスとして開始した。


セラピストとしての顔とは別に、Koozy の名前にて現在、フォトグラファー・アーティストとしても活動中。

代表的な作品スタイルとして、写真と詞(歌詞)をコラボさせた「写真詞集」などがある。


2010年3月、初の個展 "Heart" Koozy写真詞集展 を開催。


2011年7月、第2弾の個展 "クローバー" Koozy写真詞集展 を開催。


2011年9月、自身の作品でもある、写真詞集"クローバー"が、
「第3回 日本文学館出版大賞・アート部門」にて、特別賞受賞


2015年10月、第3弾の個展 "Blue Moon" Koozy写真詞集展 を開催。
同時に初の作品集 "写真詞集 Blue Moon" を出版


お問い合わせについて

電話番号 03-6325-7801
→メールでのお問い合わせ

▲ページトップに戻る