HOME > 体験談・Q&A・過去実績 > 体験談 > 催眠気功療法(ヒプノ・エナジーヒーリング)の体験談

催眠気功療法(ヒプノ・エナジーヒーリング)の体験談


@円形脱毛症と倦怠感の緩和 <Mさん>

※他にも、体験談はまだありますが、現在掲載作業の途中です。順次追加していきます。

← 体験談一覧ページ(前ページ)に戻る


@円形脱毛症と倦怠感の緩和 <Mさん(女性) 2012年12月>


※過去未来映像リーディングの体験談も、含まれております


円形脱毛症と倦怠感の症状で、何のやる気も起きなくなり、催眠療法と気功が良いのではないかと、直感的に思い、お願いしました。

催眠気功療法はとっても気持ちよく、ストレス解消には持って来いな感じです。

気が晴れるというか・・・、言葉では形容しにくいですがいいです!


気功療法自体は何度かやったことがあり、お気に入りのトリートメントですが、相当疲れていたと見えて、当日は軽い頭痛がしていましたが、日を追う毎に、回復していくのが実感できました。

私自身、人に触れる仕事をしているので、また定期的にお願いしようと思っています。


リーディングも合わせて受けましたが、前世では江戸時代?に着物を売っていたとのことで、何だかロマンを感じました。
華やかな着物を取り揃えていたそうで、いかにも私らしいなと感じました!

他にも将来のヒントになることを、たくさん教えていただきました。


また、質問なのですが、先日不思議な夢を見たのですが、韓国の王様に占いをしてもらい、私の手のひらを、空の方にかざすと、手のひらが、金色の空気に包まれて字がありました。

風という字の簡体字、中国語の風という字です。

何か宇宙から啓示を受けたようでした。


その王様は、「俺の言うことを聞いていれば幸せになれるのに・・・」と言っていました。

韓国時代劇の見過ぎでしょうか?

それとも本当に何かの啓示なのでしょうか?

もし、よろしければよろしければ、教えてください。


上記、体験談へのセラピスト(川本浩司)からの回答


質問についてですが、夢の啓示の部分は必ず意味はあります。

韓国の王様のシチュエーションは、もしかしたら、韓国時代劇を観た影響で、この場面を投影した可能性はありますが、手のひらを空にかざして、文字が浮かび上がった部分は、何かのメッセージだと思われます。


ちなみにこの夢の話で重要な部分は、3点あります。


まず、1つめは、金色の空気。

これは実は、恋愛を投影しています。
金色の空気は、プラスの部分を投影していますが、Mさんがこれから、人に対して寛容に接していこうとしている気持ちの変化の表れで、この気持ちの変化が、実は恋愛面に対して、かなりプラスに働きかけます。


2つめは、「風」の文字。

風の文字は、意識の変化の表れでもありますが、ちょうど今、Mさんが今後の自身のあり方で、変えようとしている部分が「風」の文字として、投影されたと思われます。


3つめは、韓国の王様。

韓国のシチュエーションは、Mさんの前世とはおそらく、関連性はないと思われますので、先ほども話したように、韓国時代劇の影響があるのかも知れません。

ただし、この人物の存在はすごく重要で、Mさんの先祖や守護神などのハイヤーセルフだと思われます。

それがたまたま、韓国の王様の形で現れたのだと思います。


それで、これらの情報や、私なりに見えた映像を解釈すると、ちょうど今のタイミングはMさん自身にとって、大きな節目のタイミングでもあり、ハイヤーセルフから人間的な部分での変化を大きく促されています。

この「人間的な部分での変化」と言うのは、決して悪い意味ではなく、今、自分のいるステージを一段階上に上げる時期に差し掛かっていて、そのためには、自身を変えていく必要があります。


今まで持っていたモノでも、不要なモノは思いきって捨てて、必要なモノは取り入れると言った感じです。


不要な部分とは、例えば、無理なこだわりとか、意固地になろうとする部分。

必要な部分とは、例えば、人を受け入れ、慈悲深くなる心など。


つまり、今回の夢は、より柔軟な気持ちを持って、人を受け入れる姿勢になるようにと言う、ハイヤーセルフからのメッセージです。

それによって、これからMさんが必要なモノは手にする事が出来ると言うメッセージでもあります。

特に、この意識の変化で、恋愛面の変化は今まで以上に強くなるので、とにかく人に対する柔軟性を持つことが大事です。


少しは参考になりましたでしょうか?
前回のリーディングでもお話しましたが、Mさんにとって今は人生の中の転換点のタイミングですし、これから、より良い変化があるといいですね!

▲冒頭に戻る


お問い合わせについて

電話番号 03-6325-7801
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

▲ページトップに戻る